朽木盆と浄法寺菓子盆
目本の漆これまでとこれから
2016年4月16日(土) 〜 19日(火)
11:00 〜 17:00(最終日 16:00)

京都市右京区 清滝ギャラリーテラ
滋賀県朽木と岩手県浄法寺にあった、庶民の漆塗りの古い器を見ながら、日本の漆のこれまでとこれからを考える展覧会です。
江戸時代からの貴重なコレクション(浄法寺の漆100点あまり、朽木の漆40点あまり)を展示します。



漆と言うと、今では高級な塗りのお重やお碗のイメージが先立ってしまいますが、かつては日本の多くの場所に、地域に根ざした庶民の漆がありました。朽木盆は滋賀県朽木周辺で使われた素朴な塗り盆、浄法寺菓子盆は日本最大の漆産地、岩手の浄法寺周辺にあった、愛らしい漆塗りの絵皿です。それらのコレクションを所蔵する方々のご協力を得て、古い漆の器を数多<展示します。浄法寺菓子盆と朽木盆について、所蔵者に解説もしていただきます。
また、古いものを見るだけではな<、これからの日本の漆についても考えてみたく、現代の庶民の暮らしに生きる漆の器も提案、展示販売します。朽木盆再生に向けての取り組みも進んでいます。漆のお皿1枚から、木のこと、森のこと、暮らしのこと、見つめ直してみたいと思います。           企画・水野

会期中の催し

4月17日(日)13:30〜16:30 参加費 2500円
「浄法寺菓子盆について」泉山恵一氏(浄法寺うるしものコレクター)
「幻の朽木盆」石田敏氏(元朽木村史編集委員長)
*浄法寺菓子盆を使ってお赤飯もいただきます
 要予約、人員余裕があれば当日参加も可

展示

 ★江戸時代からの浄法寺菓子盆コレクション85点と漆絵手箱、お重など、計100点余り……泉山恵一氏所蔵品
 ★江戸時代からの朽木盆コレクション40点余り…石田敏氏所蔵品


清滝ギャラリーテラ
京都市右京区嵯峨清滝町 11-2 tel&fax 075-204-8122
Home
勝手に紹介の目次