1999年の絵 2000年の絵 2001年の絵 2002年の絵 2003年の絵 2004年の絵 2005年の絵
2006年の絵 2007年の絵 2008年の絵 2009年の絵 2010年の絵 2011年の絵 2012年の絵
2013年の絵 2014年の絵 2015年の絵

momiji 2016年の絵     home
2016/12/25 2016-51 ほおづき と かりん 2016-01□□□2016年 最後のmomiji絵です
2016/12/18 2016-51 かりん 2016-01□□□この実を見かけることも少なくなりました
2016/12/11 2016-50 ほおづき 2016-01□□□岩手県岩泉町の特産品を応援しましょう
2016/12/04 2016-49 むべ 2016-01□□□我が家にはありませんが、送っていただきました
2016/11/20 2016-48 さんざし 2016-06□□□今年はまだ葉が落ちません
2016/11/20 2016-47 さんざし 2016-05□□□実が真っ赤になってきました
2016/11/13 2016-46 にほんすいせん 2016-01□□□お花屋に出回りはじめました
2016/11/06 2016-45 さんざし 2016-04□□□まだまだ「さんざし」です(笑)
2016/10/30 2016-44 さんざし 2016-03□□□三週連続の「さんざし」です(笑)
2016/10/23 2016-43 さんざし 2016-02□□□寒さが加わり より赤くなってきました
2016/10/16 2016-42 さんざし 2016-01□□□我が家の山査子、種の特定に苦労しています
2016/10/09 2016-41 いけがきせいようさんざし 2016-01□□□生花店でいただきました これが西洋山査子
2016/10/02 2016-40 しゅうかいどう 2016-01□□□花の色海棠に似たり。故に名付く『大和本草』
2016/09/25 2016-39 みつばあけび 2016-01□□□アケビコノハに葉を食べられつつ、今年も実を付けました
2016/09/18 2016-38 のぶどう 2016-01□□□葉はぶどうにソックリですが、別属のAmpelopsis
2016/09/11 2016-37 ぶどう 2016-01□□□ぶどうは品種の特定が難しいですね
2016/09/04 2016-36 くろさんどら 2016-01□□□漏斗状の花が咲くためジョウゴバナとの和名
2016/08/28 2016-35 しゅうめいぎく 2016-01□□□種小名には支那湖北省産の とある。
2016/08/21 2016-34 くず 2016-02□□□すぐ近所の沢に多数咲いてます
2016/08/14 2016-33 ひるがお 2016-03□□□一時見えなくなったけれど、また咲き始めました
2016/08/07 2016-32 くず 2016-01□□□山が荒れると蔓延ります
2016/07/31 2016-31 もも 2016-02□□□小さく硬いけど食べて見ると桃の味がする(笑)
2016/07/24 2016-30 もも 2016-01□□□近くのお庭から頂いてきました
2016/07/14 2016-29 ひるがお 2016-02□□□近所の八百屋さんの駐車場で見かけました。
2016/07/10 2016-28 ききょう 2016-01□□□秋の七草のひとつなのに初夏に咲く。
2016/07/03 2016-27 どくだみ 2016-01□□□スギナと同じく 一度生え始めると根絶が困難
2016/06/26 2016-26 さつき 2016-02□□□大輪で見栄えはいいのですが、咲き終わった後の処理が・・(笑)
2016/06/21 2016-25 ひるがお 2016-01□□□空き地が管理され この花を見る機会が少なくなりました
2016/06/12 2016-24 さつき 2016-01□□□我々夫婦を養子にしたいと言った方の遺品
2016/06/05 2016-23 むらさきつゆくさ 2016-01□□□早い時間で萎むので 早朝のスケッチです
2016/05/29 2016-22 さんざし 2016-01□□□例年になく多数の花が咲きました
2016/05/22 2016-21 ごうだそう 2016-01□□□合田草(命名者の名前)大判草とも
2016/05/15 2016-20 ちごゆり 2016-01□□□和名は「稚児ユリ」
2016/05/08 2016-19 らしょうもんかずら 2016-01□□□最も花が大きいシソ科の野生種
2016/05/01 2016-18 おらんだいちご 2016-01□□□窓の下に植えた(放置した)株が 勢いよく咲いてました。
2016/04/24 2016-17 はくもくれん 2016-02□□□ヒヨドリに食べられていない花をスケッチ(笑)
2016/04/17 2016-16 はくもくれん 2016-01□□□今年は花が小さいながら 300輪以上一斉に咲いてます。
2016/04/10 2016-15 しでこぶし 2016-01□□□どうやらタムシバ(Magnolia salicifolia)との交雑種かも
2016/04/03 2016-14 みすみそう 2016-02□□□よく繁殖し、増えてきました。
2016/03/27 2016-13 れんてんろーず 2016-01□□□クリスマスローズは 別の種類です。
2016/03/20 2016-12 みすみそう 2016-01□□□この花も アネモネ(Anemone)
2016/03/13 2016-11 あねもね 2016-03□□□花弁はなく、花に見えるのは萼片
2016/03/06 2016-10 ひなげし 2016-03□□□コクリコ
2016/02/29 2016-09 あふりかきんせんか 2016-01□□□何とも言いようのない花ですね。出入りの業者がmomijiの誕生祝いと・・
2016/02/22 2016-08 あねもね 2016-02□□□語源は「風」を意味するギリシア語 (anemos)から
2016/02/14 2016-07 らっぱすいせん 2016-01□□□英語で「daffodil」と呼ばれ、
ダッフォディルは、アングロ・サクソン語の「早く来る者」という意味とか。
2016/02/07 2016-06 すいーとぴー 2016-02□□□カオリエンドウ(香豌豆)との和名があります
2016/01/31 2016-05 はないちげ 2016-01□□□アネモネ。和名 花一華
2016/01/24 2016-04 ひなげし 2016-02□□□名の由来は、虞姫(中国秦末のころ、楚王項羽の寵姫)
が自決したときの血が、この花になったという伝説から 虞美人草
2016/01/17 2016-03 じゃこうえんどう 2016-01□□□スイートピー(麝香豌豆)です
2016/01/10 2016-02 ひなげし 2016-01□□□momijiが描きたい花のひとつです
2016/01/03 2016-01 あさぎすいせん(浅黄水仙) 2016-01□□□黄色の花は縁起が良い、今年はフリージアでスタート
2016/01/01 2016-00 2016年 年賀状□□□白木蓮に 謹賀新年

ご質問は momiji へ
Home


<彫金工房 あんべ> 代表:佐藤 信幸
020-0112 岩手県盛岡市東緑が丘 13-1
Tel:019-661-8032 Fax:019-661-7665
e-mail: あんべ
Copyright(c) anbe