『えみしの贈り物(2)』

佐藤ひさよ


 盛岡の中心より南東に約4 km、安庭(あにわ)という地名がある。
 そこより800m 東方に『智和伎神社』『金勢大明神』または『沢田の金勢さん』と呼ばれ、近郊近在の氏子の信仰を古くから集めている神社がある。(えみし・2006・秋資料集)

沢田智和伎神社入口
 安庭の語源はアイヌ語研究家の菅原進氏の著書『アイヌ語地名考』によれば、「あにわ(我等そこに居る聖なる山)」となる。
 さて、この神社が「智和伎神社」と呼ばれたのは、そう古い事ではない。廃仏毀釈の嵐が吹き荒れた明治二年六月の事と『智和伎神社由来記』には記されている。(智和伎神社の氏子代表の清水治郎氏が、昭和63年(1988年)文献資料を基に神社の実状を表したもの。)

 『智和伎』のいわれは何か。名を決めた根拠も記録も無いという。上記『智和伎神社由来記』の由来と実状の項に「古老及び諸先輩方言い伝えによれば、猿田彦命は天照大神の道案内をされた神様であり、道路は四方に別れる処なるを以って信者に例をとり道を血に、要するに血をわける神様と申し智和伎と言う」とある。

 岩手県下には他にも金勢神社が多数残されており、中でも玉山村(現盛岡市)の巻掘神社は金勢大名神として名高く、『日本神祗由来辞典』には「定かでないとしながらも金勢神の根源と言う」とある。だがこの巻掘神社は「明治以前は智和伎神社と呼称した」と『巻掘神社縁起』にある。

巻堀神社
 このように名前の由来から謎に満ちている。誰が、いつの頃から何を御神体としてお祭り  したのかを『智和伎神社由来記』を基に探ってみたい。


誰が、いつ

 『智和伎神社由来記』の古書記録によると、弘化二年(1845年)九月、豊山右仲という人の書上で、徳治二年(1307年)田丸和泉が勧請した記録があり、「即ち金勢大名神の開祖と解釈して間違い無い」とある。『南部公御留帳』によると、「寛永13年(1636年)今より352年前、澤田金勢大名神、苫米地刑部正春の従臣七之助と申す者有り、82歳の老齢にて死す。この者多年金勢を信仰する故に死後この此処に安置する」とある。

 さらに付随と思われる文章として「神像は男陰にて岩手郡巻堀村の社と同体也而乂我封内に限りて他邦になきものなり。或いは則道祖神とも云う」ともある。
文書に残されている、いつ、誰が、の記録は以上である。

縄文時代の石棒(北上市大橋遺跡)


御神体の謎

 さて御神体は何か。これが一番の謎ともいえる。
 『智和伎神社由来記』には「温故名跡誌によると御神体は男陰と記載されている。が実体は何も知らざる事である。御神体を納められている木製の箱あり。其の箱は本殿に祭られているが大きさは高さ約33cm縦横17cm重さ500g程度で軽い。又其の中に小さな箱あり。四方にしめ縄を廻してあり、先祖代々、信徒総代及び氏子、古老達の伝説によれば其の収められている箱をあけ御拝顔されたことがいままでないと言う。」

 「考古学或いは神霊学の学者かその研究をなされる方々が神社を訪れ、御神体を納められている箱を開けようとするも、この話を聞いて無理に開けようとせず立ち返ったと言う。
 性器に関係ある男陰か或は五穀豊穣にまつわる形相なるものか、疑問が残されている現今である。」

名前の謎

 では『智和伎神社由来記』でも言っているように名を「智和伎」と改めた根拠は何か。

 『由来記』では「猿田彦は天照大神の道案内で、道路は四方に別れる処で信者に例をとり道を血に、要するに血を分ける神様」と言っている。
2本の御神木の欅


 祝詞の大振る舞いの言葉の中に『伊頭の千別きに千別きて』(いつのちわきにちわきて)というのがある。意味は「厳かに良く押分けて」の意味と言う。或いは、これが真相なのかもしれない。

 私がこの神社を最初に訪れた時のことを記述してみる。98年4月2日の事である。
 「鳥居の手前に数百年を越そうとする左右対様の大木が立ち、その間にある十数段のコンクリートの石段を登ると神殿がある。他神社の前にある鈴も賽銭箱もなく、独特なものを感じさせる。

 本殿の右側に大木があり、その下に花崗岩が見える。四角くしめ縄で囲まれた石の陰陽物があり、台形の石二個の上に様々な陽物が乗っている。二個の台形な石は大きく、約3メートル×2メートル。ここではこの石が主体を成している。上に乗っている金勢がそうみせるのか女性性器を現しているように見える。
 後方の長い自然石の陽物を本尊と言うのか、はたまた手前の赤褐色のとんがった陽物を言うのかは不明。あるいは本殿の中に御神体があるのか。後日、祭日に来て見たいと思う。」と私の記録にある。

女石、後方は男石

 境内にある自然石の女石・男石は「智和伎神社」の名に相応しい。「ちわき」「地湧き」即ち大地から湧きでた神様と言うほうがより実状に近い。その信仰の対象は自然石である故に、古くから人々の心を掴んだ。縄文時代はおろか石器時代に遡るかもしれない。

 縄文時代から弥生に移行する際、大きな変革がもたらされた。
 その一つに縄文時代にあった母権的フェニミズムが変質し、男優位の社会に変わってしまったと言う事がある。新たに形成された国家は、ながい縄文の歴史から比べれば、短期間に入れ替わりのシステムを整えなければならなかった。
 国家というシステムを整え神話を作った。新しい神話と言うのは智和伎神社でいえば、猿田彦と天照大神だ。だがこのシステムの統一作業はもともと核があっての事ではなかった。核とは智和伎神社でいえば男石女石、世界の根源となる両性の存在だ。さまざまな事情を集めたシステムが及んだ事だろうが、何故か智和伎神社の氏子達には長い間そのシステムは受け入れられなかった。何故なら、すべての根源をなす男性と女性以上の納得できるシステムが、他にあろうかという事だ。
 それが『智和伎神社』の名に残された謎であり、発生の謎であり,御神体の謎なのだ。
 人間の営みの、最も古い層が飲み込まれずに残っている。それが『智和伎神社』と考える。その上新しい自然に近い形で記憶の再生を計っているようだ。『智和伎神社由来記』の最終頁にも次のように記されている。
 「境内には御神木あり、神殿に向かって一の鳥居を通り石段昇口の左右に数百年経過したる欅二本あり、地上十数メートルの大木なるが両神木の根もとに左は女陰、右は男陰の形相あり、この両陰は年々大きさを増す傾向である。」
欅の男陰欅の女陰




長内氏が見つけた男石(下)・女石(上)


 現代のシュリーマンと言われる、旧石器時代の早坂平遺跡発掘にも携わった、当会顧問の長内三蔵氏は、旧山形村で男石・女石を発掘した様子をこう語った。
 「まず、男石を発見しました。その後きっと女石があるに違いないと探しますと、500メートル位離れて女石がありました。古代の人が男石だけを祭るような事をする訳がないでしょう。男・女それは必ず一対のものなのです。」

 智和伎神社の入り口に立つ木は、いずれ枯れてしまう。だがその精神が残っている限り新たな思いで植えられ、育てられて石とともに男性も女性も称えられていく。
 即ち、えみしが私達に伝える贈り物として、後世に残されて行くのである。

 「また社殿の右後方にも同年位経た欅一本これあり、参道両脇の御神木と同様、女陰の形相を地上十数米の位置に現し、これまた雄大にて年中水滴流し止まる事知らず若き男女の交接の如く、これ性器の神と信仰するあまり神霊のお姿か地界にあらわしたるか」(『智和伎神社由来記』)




自然石と違い、武骨で美しくない


花崗岩で作られた男根


 07年3月、近郊の建築屋さんが寄贈したと言う『花崗岩で作られた男根』が、コンクリートの土台で固定され、女石の形が塞がれてしまった。
 古代の人々から語り続けられてきた密かな謎の痕跡もない。後世に今まで通りそのままの姿で継いでいく事は出来なかったのか・・・・
残念でならない。




Copyright(c)1998-2008 emishi society