長内コレクション −1−

 岩手県山形村川井の「ふるさと資料館」にある品々は、数にして5000以上。
 日本が高度成長の兆しを見せた昭和30年代に、長内三蔵氏のコレクションは始まりました。それらは、長内氏自身が発掘した旧石器時代の石刃から、近代の生活用品まで、種々多数。現物に触れ氏の説明から過去の品々がより蘇ります。
 そこで記憶に留めるため図録に残してみました。
えみし学会会員 佐藤ひさよ

資料名材料イラスト
内径花文日光鏡(前漢代、異体字銘帯鏡)青銅、黒漆仕上げ
稜付石刃(りょうつきせきじん)早坂平遺跡黒色頁岩
袋状さや付刃物(アイヌ名−コンカネマキリ)
稜付石刃(りょうつきせきじん)成谷遺跡不明
キセル鉄と金、竹
はて、なんでしょう?硬くなめらかな石