長内コレクション −2−
えみし学会会員 佐藤ひさよ

わらじおろし金 1おろし金 2ヤリ先石器のヤリ先土偶 / 漁の網の重り

漁の網の重り

資料名漁の網の重り
入手地山形村
材料土の焼物
制作年代縄文時代
使用方法投網に使用
まつわる話焼物を使用する様になったのは、人間が土器を利用し、統一され、大量に、短期間に、その品が作り易くなった画期的な出来事として、この重りを見る事が出来る
感想焼物が登場する前は、石を使っていたでしょうが、石より焼物を使用する様になったのは、沢山の魚が必要になって、石だけでは重りの数が足りなくなったのでしょうか?