長内コレクション 〜4〜
佐藤 ひさよ
はばき小かごじょれん何でしょ?


 岩手県山形村の長内三蔵氏宅に併設されている「ふるさと資料館」には、色々な形で収集された品があります。
 捨てられるはずが持ち込まれた品。拾われた品。知人に譲って頂いたもの、長内さんが購入したものもあります。
中には面白いエピソードを持つ品があるので御紹介します。

その昔、牛方が腰に下げ持ち歩き、土地では「なぎさ」と呼ばれた長い柄を持つ鉈があります。
今から200年ほど前、久慈出身の牛方が旅をした際、鹿角の土地に「なぎさ」を忘れて来てしまいました。忘れ物に気が付いた鹿角の方が、三戸のおくやま旅館にその牛方が泊まることを知っていて、「牛方が来たらこの鉈を渡して下さい」と預けたのだそうです。
それから時が過ぎ、待てど暮らせど牛方は現れず。とうとう200年が経てしまいました。
つい最近になり、当時預かった おくやまさんの子孫に当たる方が「牛方の代も絶えてしまったようなので、これを『ふるさと資料館』に加えて欲しい・・・」
と持って来られたのだそうです。


全長70cm近い鉈の刃には錆びも浮かず、柄には金属の輪が二つはめ込まれ、300年は経過しているものだとの事。
ほれぼれする品が、不思議なご縁でコレクションに加えられています。



はばき小かごじょれん何でしょ?