長内コレクション 〜3〜
佐藤ひさよ
鉈の鞘 / ねこがき / はばき / 背当て /  / 皮剥ぎ 


長内コレクション 3−4 『背中あて』

 A 資料名    背中あて
  B 材料     山藤
 C 製作年代   不明(長内氏の時代には使用されていない)
 D 使用方法   荷物の運搬時背の保護
 E まつわる話(長内三蔵氏)
      牛方等が使用したのでしょうか、背中あての外側を腰帯とか紐でしばり、
      背中あてがズリ上がって来たらば、まん中のひもをひっぱり、
      元に戻したのでしょう。山藤の繊維は細く長く強く、大変丈夫なものです。
 F 感想
    細かくしっかりと織られ、所々に塩が吹いている(汗の跡と思われます)。
        首に当たる部分が2本の紐になっていて、食い込まない工夫もありました。
    下部、右と左のたれの巾の違いは不明です。