如月窯
雪ノ浦裕一・良子 作陶展

ガラスを思わせる灰釉薬には、林檎の木灰が使われ、窯内の酸素の加減を巧みに調整することで、青・緑・黄などの色が出せるといいます。
「ここ数年灰粕の表現に重きを置いてきました。自然の物から形のインスピレーションを受け、器の形に昇華し、日常使いの器に華を持たせ、日々の生活に潤いを少しでも与えることが出来ればと制作に励んでいます。」    雪ノ浦
会期中、カフエSEKIMIYA (0191-34-4030)にて如月窯の器でのお食事も合わせてお楽しみください。
うつわと岩手の工芸  せき宮


2018年9月14日(金)〜9月24日(月・祝)
10:00〜pm 18:00 会期中無休 15(土)16(日)17(月・祝)作者在廊
うつわと岩手の工芸  せき宮
岩手県西磐井郡平泉町平泉字坂下 39-29 TEL/FAX TEL/FAX 0191(46)2070



Home
勝手に紹介の目次