香港の今と昔 1

旅の想い出をつづりながら、今の香港を紹介します。


ドラゴン航空にて 仙台空港から香港へ


入管を無事?通り抜け(撮影禁止なのにこっそり写しました)、島伝いに中国に返還された香港へ。
これは 以前私が住んでいたマンション群です、当時海だった所に高速道が・・想い出編も制作しました


ホテルに迎えに来てくれた ネット知人。momijiと ツーショット


着いた その日は 観光です。屋根の無い二階建てバスに乗って(以前は無かったなぁ・・)

>

昔 無かったものといえば、日本料理の店。結婚関係専門店。それから この飲料『水』です
この「水」、以前は沸騰した水道水を使っていましたが、 それでも悪くすると「水当たり」が!
不幸にして 水に当たった時には 地獄の苦しみを味わいます。私も経験しましたが そりゃ〜苦しい!
数日間 悶え苦しんで、脂汗・・医者に行っても対処無し ただ時間が過ぎるのを待つばかりです
今は、いたる所にある「7-ELEVEN」で「飲み水」は買えます。ホテルにもあるけど高くてね(笑)

この右の写真は、飲食店 ホテルなど 大量に使う所向けの 「水の宅配車」です

そうそう 香港では「携帯電話」が 大流行と聞きましたが、その通り(横を通る男性も通話中)
フェリー バスの中 地下鉄の車内、飲食店でも、お構いなしに大声で電話しています。(昔の日本みたい)


変わらない物として 昔ながらの「船」ですね。しかし 随分少なくなりました。中心部には皆無です
これは、遠慮がちに 客を求めて船着き場に寄って来た「チャーター」を望む勇気ある船です(左)
貨物を運ぶ「ジャンク」もありますが、その数は激減していました。聞くところによりますと
水上生活者は まだ存在するそうですが、少なくとも街の中心部には皆無です。(名物だったのに)

小さな湊は 全て埋め立てられて、高速道路 鉄道の用地 あるいは商業地区に
または広大な団地になり そこを生活の基盤にしていた人々は追い立てられ・・
「香港」らしさ が消えていましたね。それが 香港の「バブル」でしょうか

もう一つ 変わらない物

信仰心です。ビルの一角に住むようになっても 先祖の供養は怠りない
ベランダに立派な供養塔を建て、毎日 線香を絶やさず霊を慰める。


next


<彫金工房 あんべ> 代表:佐藤 信幸
020-0112 岩手県盛岡市東緑が丘 13-1
Tel:019-661-8032 Fax:019-661-7665
e-mail:anbe@jomon.com
Copyright(c)1998-2002 anbe Since 1998